オンラインストレージとは?メリットとデメリットを解説

この記事は、だいたい 5 分ぐらいで読めます。多分。

この記事では、オンラインストレージ(クラウドストレージとも)とは何か、そのメリットとデメリットについて解説しています。

この記事を読むと分かること
  • オンラインストレージとは何か?
  • オンラインストレージのメリット
  • オンラインストレージのデメリット
スポンサーリンク

オンラインストレージとは?

「オンラインストレージ」とは、インターネット上にファイルを保管できるハードディスク或いはUSBメモリのようなものです。パソコンにファイルを保存するのと同じような要領で、インターネット上に音楽や写真、書類などを保管することができます。

同じような意味の言葉として「クラウドストレージ」がありますが、こと日本においては現状「オンラインストレージ」の方が優勢なようです。逆に海外では「Cloud Storage」の方がよりポピュラーな呼び方のようですね。

オンラインストレージのメリット

この項では、オンラインストレージを使用するメリットを解説しています。

パソコンやスマートフォンの容量を使用しない

オンラインストレージに保存したファイルはパソコンの容量を使用しません。あくまでもファイルはインターネット上に保管されているため、パソコンのハードディスクとは別で管理されているためです。

また、スマートフォンにも対応したオンラインストレージは多いため、写真が多くなってきて本体の容量を圧迫してきた時は、オンラインストレージに保管して本体側の写真は消すことで、本体の容量を空けることができます。

外出先でもファイルを使用できる

通常、自宅のパソコンに保存した写真は、外出先で確認することは難しいです。しかしオンラインストレージに保存した写真は、インターネットに繋がっていれば自宅と同じように確認することができます。

スマートフォンとのファイルのやり取りに使える

オンラインストレージのサービスによっては、スマホアプリなども提供されています。スマホで撮った写真をオンラインストレージに保管しておけば、パソコンで確認したり、ダウンロードしてパソコンに保存することもできます。もちろん、その逆も可能です。

他人とのファイル共有に使える

家族や友人と大量の写真や動画などを共有したい時、メールやメッセージアプリ(LINE)を使用するのはあまり現実的ではありません。これらは容量の制限があり、特に容量の大きい動画などでは、送ることすらできないということも。

オンラインストレージに予め写真や動画を保存しておけば、フォルダーやファイルのリンク(URL)を送信するだけで、これらのファイルを共有することができるサービスも数多く存在します。

突然パソコンが故障しても、ファイルが消えない

オンラインストレージでは、パソコンやスマートフォンとは別でインターネット上にファイルが保管されていますので、もしパソコンが故障しても、オンラインストレージにアップロードしてあるファイルは消えません

パソコンやスマートフォンが故障しても大丈夫なように、大切な写真などのバックアップ先として使われることも多いです。

オンラインストレージのデメリット

オンラインストレージには多くのメリットがありますが、同時にデメリットも存在します。この項では、オンラインストレージのデメリットを解説しています。

インターネット接続が必要になる

オンラインストレージではインターネット上にファイルを保管しているため、逆に言えばファイルを確認するにはインターネット接続が必要ということになります。また、容量の大きいファイルをパソコンにダウンロードしようとすれば、それだけダウンロード時間も必要です。

スマートフォンからもでも使えるのがオンラインストレージの利点のひとつですが、あまりに容量の大きいファイルをスマートフォンでダウンロードしていると、すぐに通信容量を使い切ってしまい、制限に掛かってしまう可能性もあります。

無料オンラインストレージは容量が少ない

オンラインストレージサービスは様々な種類があり、その多くは無料で使えるストレージ容量を提供しています。しかし、それらは無料で使えるのは比較的低容量で、大量の写真や動画の保管に十分な容量とは言えません。

例えば、XperiaなどのAndroidスマートフォンをお使いであればGoogleアカウント、iPhoneをお使いの方はAppleアカウントを取得したと思いますが、実はそれぞれ無料のオンラインストレージが付属しています。

Android(Googleドライブ)無料容量:15GB(Gmailなどと共用)
iPhone(iCloud)無料容量:5GB

もしこの無料容量を超えてファイルを保存したい場合には、有料プランに加入する必要があり、またオンラインストレージサービスの多くは月額課金制となっています。

セキュリティリスクがある

頻繁に起こるものではありませんが、インターネット上にファイルを保管している以上、オンラインストレージにはセキュリティ上のリスクが存在します。

ウィルスへの感染やアカウントの乗っ取りにより、ファイルが漏洩してしまう可能性が僅かながらに存在するのです。漏洩したら守秘義務に違反するような機密文書は、念の為オンラインストレージには保管しない方が良いでしょう。

最も、ウィルス感染によるファイルや情報の漏洩はオンラインストレージに限った話ではありませんので、セキュリティソフトでしっかりと身を守ることが大切です。

最後に

この記事では、「オンラインストレージとは?」、またそのメリットやデメリットについて解説しました。

オンラインストレージの使い方は人それぞれですが、一番は写真や動画などのバックアップ先として使われることが多いのではないでしょうか。最近では、ただ単にファイルをアップロードできるだけでなく、パソコンと自動で同期するようなサービスも多々あります。

使いこなせれば非常に便利なオンラインストレージですから、是非皆さんも自分に合ったオンラインストレージを探してみてください。

この記事を書いた人
ツクモ

ゆとり世代は失敗作扱いされるけど、むしろ皆ゆとってしまえば良いと思っている目付きが悪いメガネ。

夢は宝くじを当てるか、空から降ってきたお金でネオニートになること。

……そうだね、ゆとり世代じゃなくても失敗作だね。

ツクモをフォローする
WEBアプリ・ツール系
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ツクモをフォローする
スポンサーリンク
ゆとれば。

コメント